サラリーマンの副業

アフィリエイトサイトがGoogleの検索順位で高評価を得るためのポイント

Googleの検索優先順位は被リンクの数より内容の濃いコンテンツへと移行している

検索順位の上位に位置した方がより多くのアクセスが見込めるため、アフィリエイトの成果につながりやすいです。そのため「SEO」という概念が生まれているのですが、最適なSEOはその時々によって常に変化し続けています。というのも、Googleのアルゴリズムは常に最適なものを目指して日々改良されているからです。一昔前までは、どれだけ内容が薄くても被リンクがたくさんもらえるサイトほど上位に位置しやすいものでした。実際にネットサーフィンをしていて、特定のキーワードで検索をかけたときに、ただ商品のアフィリエイトリンクが貼ってあるだけのペラペラなサイトがヒットした経験は誰もが持っているでしょう。つまり、どれだけ質が悪くてもSEO対策ができているサイトほど優れている、と評価されていました。

 

しかし最近の傾向では、これらを一切排除して内容の薄いコンテンツは徹底的に評価せず、より中身の濃い、オリジナルティのあるサイトほど高く評価されるようになってきました。比較的誰でもサイトやブログを持てるようになった現在は、どうしても似たような内容のコンテンツが増えてきます。それらのコンテンツと上手く差別化できているものほど優れていると評価されるようです。また、記事の鮮度も重要なポイントのひとつ。1年以上ほったらかしにしているサイトはどんどん鮮度が落ち、評価が下がってしまいます。そのため、ひとつのアフィリエイトサイトを作ればそれで終わり、ではなく、随時記事を追加したり、内容を追記したりと新鮮さを保つことも重要なSEO対策だと覚えておきましょう。

アフィリエイトサイトの検索順位が安定しない?その理由と対策

作ったばかりのサイトは検索順位が安定しないことが多いので焦らずにじっくりと取り組む

サラリーマンが時間を見つけてようやくアフィリエイトサイト、もしくはブログを作ったとしましょう。最初の内は検索順位がそこそこ高いところに位置していたのに、気が付いたら随分と下がってしまった、というケースが良くあります。これはGoogleのアルゴリズムの関係、さらにはバックリンクが影響している可能性があります。アップしたばかりのコンテンツ(記事)に関しては鮮度が高いので比較的順位が高い位置に来ることが多いです。しかし、徐々に低下していくのはよくあること。安定せずに、何度か上下して最終的に落ち着いた部分が「相応の検索順位」だといえます。もしここで、自作自演の外部リンクをつけたりすると余計順位が下がってしまう可能性も。大事なことは「自然と被リンクが増えるコンテンツ作り」だということを肝に銘じておきましょう。

 

また、検索順位が安定しない理由のひとつに、Googleのガイドラインがきちんと守れていない場合があります。例えば、タイトルやキーワードの設定が適切か、さらには文章に組み込んだ検索で引っかかって欲しいキーワードを多用しすぎていないかなど、様々な要素について丁寧に開設してあります。理想的なアフィリエイトサイトはこのGoogleガイドラインに則った構成であることが望ましいです。まずはガイドラインをチェックして自分のサイトを照らし合わせてみること、多少の上下は避けられないことを念頭におきましょう。