サラリーマンの副業

アフィリエイトサイトの中身を充実させる4つのポイント

良質なコンテンツ作りがSEO、コンバージョンを高める!

サラリーマンの方が副業としてアフィリエイトサイトやアフィリエイトブログを始める場合、できるだけ小さな労力で最大限の利益を得たいものです。そのためには良質なコンテンツ作りが必要不可欠。ここでは記事作成時に心がけたいポイントを紹介していきます。

 

1.テーマを決める

アフィリエイトが成功するか否かは最初の「テーマ決め」が最重要だと言っても過言ではありません。好きなテーマで初めても良いのですが、誰も気にしないような内容だとアクセスは伸びるわけがありません。アフィリエイトでよく用いられているテーマとしてはFXや株などのお金のやりくりに関する情報や、ダイエットや薄毛治療などコンプレックスに関する情報が多いです。競争率が高いテーマをあえて狙っていくのか、ニッチなテーマで少数ながらも確実なアクセスを狙っていくのかを考えてみましょう。

 

2.タイトルを作る

サイトのタイトルはもちろん、記事のタイトルもまた重要です。どのような内容なのかを一目で表現できるタイトルを作ることが成果につながりやすいです。逆に、タイトルと内容が一致していないと「なんだこのサイトは?」となってユーザーが離れてしまいがち。さらにタイトルは検索サイト(GoogleやYahoo)の検索アルゴリズムの重要項目のひとつとなっているため、検索ワードが織り込まれていることが望ましいです。これらを総合的に判断して適切なものをつけていきましょう。「カレーの作り方」というタイトルよりは「誰でもプロの味!簡単カレーの作り方」の方がクリックしたくなりませんか?こういった工夫も取り入れてみましょう。

記事作成に時間が掛かり過ぎる?自分への投資だと思って踏ん張る

時間が取れないサラリーマンは記事作成代行サービスを利用することも検討して

記事の作成依頼はココナラ に依頼するといいでしょう。
詳細は以下のバナーをクリックしてください。

スキルのフリマ【ココナラ】

 

3.コンテンツを作る

テーマやタイトルが決まったら今度はそれに沿ったキーワードを入れた自然な文章を作っていきます。もちろん、必要以上に繰り返し出てくると、文章が読みづらくなるだけでなく、検索サイト側からペナルティーを受ける可能性もあるのでほどほどに。もちろん誰もが最初から上手く書けるわけではありません。もしかすると1記事書くのに1時間以上も時間がかかることもあるでしょう。ブラインドタッチができる人と、できない人とではタイピングにかかる時間は大きく変わってきます。すると「自分にはアフィリエイトむいていない」「こんな作業をいつまでも続けられない」とくじけそうになるかもしれません。しかし、誰もが続けていくうちに慣れてきますし、自然な文章も特に意識しなくても書けるようになるものです。焦らずにじっくりと、自分への投資・勉強だと思って取り組んでみましょう。サラリーマンが副業としてアフィリエイトをする場合、時間も確保が難しいこともあるはず。そういったときは、CROWDなどの文章作成代行サービスを有効活用することも視野に入れてみましょう。

 

4.体験型コンテンツも織り込む

ユーザーが知りたいのは、情報はもちろん実際にその商品やサービスを利用している人たちの生の声です。そのため、コンバージョンを高めるためには体験型コンテンツを織り込むのが有効です。実際に口コミサイトはたくさん存在しています。最良なのは自分がその商品を購入して実際に試してみるレビュー記事ですが、サラリーマンだとなかなかそれも難しいでしょう。そういった場合は、自作自演の口コミを作るのではなく、ツイッターなど「埋め込み」に対応しているSNSを有効活用することも検討してみましょう。