サラリーマンの副業

独自ドメインをとってアフィリエイトサイトを開設する

最終的なアフィリエイトは独自ドメインを目指すのが一般的

アフィリエイトのファーストステップは無料ブログからで良いのですが、いくつかのデメリットがあるだけでなく、ブログによっては広告を設定できる数が限られていることがあります。また、有料プランにしないと各ブログの広告が自動挿入されてしまうのもデメリットです。そこで、最終的には独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを借り、そこにアフィリエイトサイト、あるいはワードプレスなどのアフィリエイトブログを開設するのが理想的です。

 

独自ドメインを簡単に説明すると「自分だけの住所」となります。ホームページにはそれぞれ「http://○○○○.com」「http://○○○○.net」と言ったアドレスがありますが、○○の部分が独自ドメインとなります。しかし、例えばFC2の無料ブログだと「http://○○○○.fc2.com」と記載されます。つまり、FC2のブログの○○ですよ、と表記されてしまうわけです。これがSEO的にあまり良くないと言われています。サイトやブログを開設したばかりの頃は評価が高い傾向にありますが、一度順位が下がるとなかなか上がりにくい、そもそも利用している無料ブログの評価自体が下がると巻き込まれてしまう、といった問題もあります。やはり安定した運営を続ける上で独自ドメインは必要不可欠です。独自ドメインを取得する方法は「お名前.com」などのサービスを利用するのが一般的です。

アフィリエイトのレンタルサーバーは有料のものを選ぼう

無料サーバーはデメリットが多いので長期運営に適していないことがほとんど

独自ドメインを取得したら、次はレンタルサーバーを準備しなくてはなりません。自分のパソコンの中にサイトやブログの情報があっても、それを多くの方が閲覧するためにはサーバーにアップデートする必要があります。レンタルサーバーにもお金がかかるものと、無料のものがあります。アフィリエイトのためなら、有料のものを必ず選びましょう。「無料サーバーの方が費用がかからないのでお得なのでは?」と思うかもしれませんが、デメリットの方が目立っているのであまりおすすめはできません。主な短所に次のようなものが挙げられます。

広告が強制表示される(これで採算を取っている)
アフィリエイトの種類が限られる(アダルト系やギャンブル系、商材系が使えないケースがとても多い)
独自ドメインが使えないこともある